ページトップ ナビゲーションをスキップします
ページ内容はここから

横ジェネブログ

2019年12月06日

ドラえもんパートⅡとサウンド・オブ・エンジン

こんにちは、横浜ジェネレーターの本田です。

 

天候が安定しませんが寒くなって来ましたね。朝晩は冷えます。
秋はどこに行ってしまったのか。
(これは11月の中旬に書いています。掲示は12月の中旬に予定)
お正月に向かって皆さん体調管理に気をつけて下さい。
最近はワン子の散歩も朝は寒くて10°をめどに手袋無しでは後半は手が寒さで痛くなります。
散歩の1回の平均時間は1時間です。1日2回は必ず行きます。休日は3回行きます。
我が家のワン子(ポー)は毛むくじゃらです。この寒さの(10°)気温はちょうど良いのでしょうね。
4°Cぐらいだと、もっと元気になります。
夏と違って元気に小走りで先導してくれます。
夏はハアハハハ、ハハハハな感じ(ハアハアの上のレベル)うまく表現出来ませんが。
蒸気機関車みたいです。

20191121-1.JPG


以前にもブログ゙載せましたが、小田急線登戸駅のドラえもんの続編の写真載せます。
南武線にも登戸駅がありますがそちらは見に行っていませんので様子が分かりません。
皆さん頑張って仕事や学校に向かっています。
ホームの雰囲気は楽しいドラえもんムードでいっぱいです。
もしかしてドラえもんに気づかない人もいるでしょうね。

20191114-6.JPG

20191114-7.JPG

20191114-8.JPG

20191114-9.JPG


次ですが。

鈴鹿サーキットにおじさん仲間の友人と(メンバーの中にはお客様もいらっしゃいます)
クルマ好き仲間の『大人の遠足です。』4人で行って来ました。
以前から行ってみたかった、鈴鹿サウンドオブエンジンというイベントに行って来ました。

20191126-4.JPG

古いバイクのレーサーやレースカーをカテゴリー別にピットやストレートに展示しながらサーキットを走ります。
レース形式でもないですが中には結構本気で走っています。
クラッシュして直している方もいました。
観衆のみんなは、エキゾーストノートや走っている姿を好きなコーナーで楽しみます。
多くの観衆の皆さんはマツダのロータリーサウンドを楽しみに行っているはずですね。
観衆も、走る皆さんも楽しいイベントです。見せたいし観たいし。
私は音(エキゾースト)を聞きに行くのが目的ですね。
走る年代のレーシングカーをみても、60~70才ぐらいのレースが好きなおじさんのためのイベントと思います。
若い人はチラホラですね。
そして毎年イベントの中に楽しい企画があります。
今年は走行できる6輪のF1ティレルが43年ぶりに日本に上陸と。
バイクレーサーのキングケニー、ローソン、レイニー。
3人で走るイベントです。当時のファンにとっては涙なくしてみれない感激のイベントでした。
6輪ティレルもかなりのハイペースで周回してくれました。では写真観て下さい。
でも6輪ティレルは人垣で撮れませんでした。

20191119-1.JPG

20191119-2.JPG

20191119-3.JPG

20191122-1.JPG

20191126-1.JPG

次は走行シーンです。まだまだいっぱい写真は撮りましたがこれで終わります。

20191121-2.JPG

20191125-1.JPG

20191125-2.JPG

20191125-4.JPG

20191126-3.JPG

この鈴鹿のイベントはおじさんには楽しかったですね。

 


これからクルマ社会が百年に一度の変革の時期を向かえているみたいです。
我々の仕事の環境も変わるかもしれませんね。部品販売も修理も。
バッテリカーと電動バイク。ハイブリッド。
超低燃費でエミッシ・0のガソリンエンジンとディーゼルエンジン。
空飛ぶ自動車。
完全自動運転(AI)のクルマやバイク。
1人乗りのシティーカー。
カーシェア。
セグウェイ。
電動バスやトラック。
水素カー。
クルマ社会の思いついた事を書きました。
今後どうなって行くのか?それはそれで楽しみです。化石燃料のクルマは突然無くなる?事はない?。
電気も太陽光、風力、水力のみで発電。本当はこれで良いと思います。地熱発電もありました?
私はトヨタの楽しいクルマ作りと、人間ありきの自動運転は大賛成です。
私は完全自動運転は無理と思います。
完全運転が実在している世界は、映画のようにAIやロボットに支配されている世界になっている様な気がします。
人類は考えなくてよい、作業しないでよい世界です。
ある程度の人類以外は支配されている世界です。本当に映画の世界です。

 
最後ですので色々ゴチャゴチャ好き勝手に書きましたが。
これで私の担当のブログも今年をもって今回で終了になります。

 

来年からブログのコーナーは暫くお休みです。
今回もお付き合いしていただいて、誠に有り難うございました。


2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31